小寺歯科
24H予約
  • トップ
  • クリニック案内
  • 料金表
  • アクセス
  • 馬喰町駅より
  • 小伝馬町駅より
  • 東日本橋駅より
  • 人形町駅より
  • 一般歯科
  • 歯周病
  • レーザー治療
  • 高周波治療
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • 小児歯科

e歯医者さんドットコム 当院の口コミをみる

English-page(Kodera dental clinic)中央区の歯科の小寺歯科医院

小児歯科

子供のうちに予防処置をして虫歯になりにくい歯を作りましょう!

フッ素塗布

小児歯科

むし歯予防に!

食べ物を食べると、その食べ物の中に含まれている糖分がお口の中で分解され、酸というものがつくられます。その酸によって歯の表面が溶かされ虫歯が作られます。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する事で歯の質を強くし、虫歯になりにくくする処理です。
シーラントは奥歯の予防処置ですが、フッ素塗布は歯全体の予防処置になります。
この2つの処置を行っていくことにより、虫歯の予防効果は高くなるのです。

<注意>

フッ素は予防処置ですので、フッ素を塗ったからと言って、必ず虫歯にはならないというわけではありません。 ご家庭では、保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ、食生活の環境を改善していかれて下さい。

予防処置

かかりつけの歯科医院で、歯磨きでは落としきれない汚れを除去してもらいましょう。

予防処置

クリーニング(PMTC)

ご家庭では磨ききれない歯の汚れを、歯科医院できれいに磨きあげます。
クリーニング専用の器具を使い、歯と歯の間の汚れや、歯ブラシでは取りきれない汚れ、奥歯のかみ合わせ部分の溝などを清掃し、虫歯予防をします。

定期検査

どんなに上手に歯磨きができても、お父さんお母さんが仕上げ磨きをしてあげてもご家庭ですべての虫歯の原因を取り除くのは、なかなか難しいものです。
また、初期の段階の虫歯であれば治療も痛くなくすみます。

虫歯の有無を見るだけでなく、歯の萌出状況などもレントゲンなどで異常がないかチェックし、歯磨き指導やフッ素塗布などを行います。

シーラント

シーラント

シーラントとは

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このレジンが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。

シーラント

<注意>

いくらシーラントをしたからといって、虫歯予防はもうこれで十分というわけでは ありません。
きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的にすすめることが大切です。

小児歯科Q&A

キシリトールガムは子供に食べさせた方がよいのか(効き目はありますか)?
予防にも効果があると言われています。
咬むことはとてもよいことですが、甘いものを(キシリトール、フッ素入りでないもの)を食べ続ける習慣にはならないように気を付けてください。
仕上げ磨きはいつまで(何才になるまで)やればよいのか?
その子のテクニックにもよりますが、大体小学校・中学校くらいまで。
高学年に第二大臼歯が生えてきますが、その時までには完全に自分で磨けるようにしてください。
歯磨きの時に暴れて磨かせてくれない場合、どうすればいいですか?
夜1回だけでも押さえて磨いてください。
口を開けない場合は、ガーゼブロックを作ってください。イヤがるのは当たり前(3才前の子)。
でも磨かないと治療することになり、かえって可哀そうなことになります。
3才からは、話をして、言い聞かせて、家庭で楽しく歯磨きをするように心掛けましょう!
フッ素はどのくらいの割合で塗った方がよいですか?
歯が萌出してから1~2年は1~3か月に1回は塗布することを勧めています。
期間が短い方がフッ素効果が減少しにくく、虫歯のリスクは抑えられます。
磨いているのにむし歯が出来るのはどうしてですか?
様々な原因が考えられますが(歯の質やむし歯菌の数など)、Dr.からみると、よく磨いているつもりでも磨き残しあることがほとんどです。
プラークも白で、カラーテスターなどを使用すると、磨き残しがよく分かるのでよいと思います。
どうして乳歯を治療しなければいけないのですか?
ごく小さいカリエスならほとんど影響はありませんが、神経にまで達するのものであると、交換の時期が早くなったり、遅れたり、永久歯の生えてくる位置にまで影響を及ぼすことがあります。
下の永久前歯が乳歯のうら側から生えてきてしまった!
特に心配はいりませんが、早くスムースに前に出てくるためにも
乳歯の抜歯をお勧めします。
このページの先頭へ